ブラジャーとの一生『きょういちくんとの一生』感想

きょういちくんとの一生
公式サイト:きょういちくんとの一生
出演:山下誠一郎

スポンサーリンク
レクタングル(大)

あらすじ

主人公は、物心ついた頃から一緒にいるお隣のお兄さん『京一』が大好き。
けれど幼い頃の結婚の約束を本気にしているのは主人公だけで、
京一は取りあってくれない。

中学入学を機に、改めて想いを伝えにお隣へと向かうが …… 。

―― これは『京一』と過ごす日々を描いた、一生の物語。

トラックリスト

01. 中学時代
02. 高校時代
03. 大学時代
04. 結婚式
05. 結婚後

感想

萌えました。

なんか、もう、どの辺が萌えどころだったかと説明するのが難しい。
お兄ちゃんが喋る度に萌えてた。つまりはずっとだ。ずっと萌えてた。
山下誠一郎さんのお声をこんなにもしっかり聴いたのは、このCDが初めてだったんですけど、本当にメチャメチャ好みの声だった。
言葉の端々がいちいち可愛い。可愛いのにしっかりお兄ちゃん属性。はー、堪能した。

ただし、萌えたのは声にだ。

シナリオはツッコミどころが多過ぎて「どうした!?」ってなりました。
どこの女子高生がファーストブラを5年も着け続けるんだよ。
思春期の娘の下着事情をそこまで放置していたのだとしたら、母親にも問題大アリだー。
大体、作中「規格外」とまで言われるおっぱいがそんな頼りないブラにおさまるわけないだろ!そんな状態で走ったりしたら胸もげちゃうよ!痛い痛い!
細かい事は気にしない・突っ込まない方が楽しめるのは重々承知していますが、作り手側は「気にさせない」努力もしてほしい。
いくらなんでも気になり過ぎるし、無理やり過ぎる。

あと、そんなやたらと色っぽいシーンを入れてこなくてもなあ、とも思うんですが、これは難しい話なのかな。売り上げの問題でもありますもんね。
総合的にそっちの方が売れたりしちゃうのかな~。
全年齢CDの色っぽいシーンも、大人向けCDも好きだけど、そこに至るまでの過程に無理があり過ぎると、脳内ツッコミが忙し過ぎて集中出来ないよ(‘・ω・`)
きょういちお兄ちゃんも、理性があるのかないのかドッチやねん状態になってました。

聞き終わった後にまず出た感想は「ブラジャーとの一生」でした。
でも、あそこまでお兄ちゃんが丹精込めて作り上げたブラは正直羨ましいし着けてみたい。きっと素晴らしい出来なのでしょう。指輪は普通に渡しておくれ。

7
ブログ村(ドラマCD)

参加中です。ポチッとしていただけると励みになります(*´∀`*)
にほんブログ村 アニメブログ ドラマCDへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存